スポンサーリンク

皆さんは認知症患者との入浴にどのように向き合っておられますか?

入浴は認知症患者さんにとっても体を清潔に保つだけでなく、心身を癒すための大切な時間です。

ただし、足元が滑りやすいお風呂場は転倒などのリスクもあり、安全に入浴を行うためには介護用品が役立ちます。

今回は、お風呂の介護に役立つ介護用品と、正しい介護の仕方についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサーリンク

入浴に役立つ介護用品の紹介

入浴に役立つ介護用品は椅子や手すりなど、 様々な種類のものが存在します。

まず椅子とは、風呂椅子という入浴用の椅子を指し、脚力が低下して立ち上がりなどに負担のある人が、一人で入浴する際におすすめできるものです。

肘掛けがあるタイプやないタイプ、背もたれがあるものや、折り畳みできるものまで用途に応じてさまざまなタイプのものがあります。

例えば、座位が安定しない人であれば背もたれや肘掛け付きのもの、浴室が狭い場合は折り畳みできるもの、といった具合に、被介護者と浴室の状況に合わせた風呂椅子を利用すれば、スムーズな入浴介護ができるでしょう。

また、車椅子の方にはシャワーキャリーと呼ばれる車椅子タイプの風呂椅子もおすすめできます。

シャワーキャリーを使えば、脱衣後そのまま浴室に移動してシャワーを浴びられるため、車椅子から移乗する手間がなくなり、介護者の負担も軽減できます。

次に、手すりの取り付けについてです。浴槽用手すりは被介護者が一人で入浴できるものの、自力で立ったり浴槽をまたいだりする動作に不安がある場合などに効果的です。

入浴に関する一連の動作を補助できるため、滑りやすい浴室での転倒や、浴槽内で溺れるリスクを下げることができます。

この際、グリップの形も着目してみてください。グリップがループの形になっていると、浴槽の中と洗い場のどちらで姿勢が不安定になっても、グリップをつかめるのでより安心に利用できます。

スポンサーリンク

介護用品を利用するメリット

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ほどご紹介した介護用品を使用すると被介護者の肉体的な負担を軽減できるため、いうまでもありませんが、入浴時の動作がスムーズになるというメリットがあります。

健常者の私たちには分かりにくいかもしれませんが、体を洗う・浴槽をまたぐといった動作には筋力が必要になるため、肉体的な負担がかかります。そしてそういった負担を軽減するために介護用品が用いられるのです。

そして実は被介護者だけでなく、介護者にも大きなメリットがあります。

高齢者の入浴を補助する介護者にとって、足場が悪く滑りやすい浴室での作業は重労働かつ危険を伴います。

介護用品を使うと被介護者自身が自分でできることが増えるため、介護者の肉体的な負担軽減にもつながるのです。

スポンサーリンク
おすすめの記事