スポンサーリンク
認知症の症状で一番対処に困るものが患者さんの妄想ではないでしょうか?
身体的な症状は「がんばればなんとかなる・・・。」と思えるでしょうが、精神的な問題である妄想は対処がいくら頑張っても難しく、自分も疲れてしまうがちですよね。
そして何より患者さんが本気で苦しんでいる状況が一番つらいのではないでしょうか?
今回は認知症の妄想についての対処法を説明していきます。
スポンサーリンク

認知症の妄想の背景

まずはどういった背景で患者さんは妄想を抱いているのか説明します。
患者さんがどういった心情で妄想による言動を繰り返しているのか、いくつか例はありますがその原因のひとつに、現在の関係を逆転しようとする試みがあると言われています。
よく妄想の症状の一つに介護者を物を盗んだ犯人と思いこむものがありますが、それも世話をしている現状に対してどこか不満に思うため、反抗しているのです。

また、現状に対する抗議や助けを送るメッセージとして、妄想的な言動を繰り返す場合もあります。
それで助けを訴えうとす過程で、脳に異常が起き、本来助けを送るはずの支えてくれる家族に対して、被害妄想を抱いてしまうのです。

女性画像

スポンサーリンク

被害妄想のパターン

このような過程があるとはいえ、世話をしている患者さんからこのような罪のない言葉をかけられるのは非常に心苦しいものがありますよね。
実際に対策を紹介していくのですが、その前に患者さんの言動をパターン分けしましょう。

物盗られ妄想

患者さんの妄想の中でも頻繁にあらわれるのが自分のしょじぶつを盗まれたという妄想です。
認知症により忘れやすくなって財布や鍵など重要なものを忘れてしまう、でも認知症による記憶障害を否定したいと思い結論として誰かが盗ったと決めつけてしまいます。

直接的な被害妄想

家族に邪魔物扱いされたり、悪口を言われているなど、直接的な攻撃を受けていると訴える事もあります。
これは認知機能の低下により、うまく状況を認識できず誤解を生じていることが大きな原因です。

対人の被害妄想

誰かが家に入って自分を襲ってくるといった人間に対する被害妄想も非常に大きいです。
この背景強い孤独感や悲しみがあることが多いです。また認知症の悪化を止められない自分に対する無力感、寂しさが原因である可能性もあります。

スポンサーリンク

これらの被害妄想への対応方法は?

否定せずに聞く

たとえどれだけ事実無根な内容だったとしても否定せずにその内容を一回は噛み砕いて聞いてあげる事が重要です。
確かにいわれのないことを言われて、腹が立つ事もあるでしょう。しかし、そこで反対すれば余計にこじらせるだけです。
人間は共感を本能的に求めています。ちゃんと顔を合わせて聞いてあげるだけで被害妄想が消えることもあります。

誰かに相談してみる

特に介護者自信が非難の対象になっているときに言えることなのですが、ひとりで対応するのは心労を伴います。
誰かに相談して状況を話すだけで心理的負担は収まりますし、患者さんの現状を解決する方法がより生まれやすくなります。

シニア画像

まとめ

認知症患者さんの被害妄想への対応は非常に大きな心労を伴いますが、あくまで患者さんも人間です。
腹を割って話せば決して理解出来ない存在ではありません。たとえ一度うまく行かなくても諦めず、何度も時間をかけて患者さんとコミュニケーションを取りましょう!

スポンサーリンク
おすすめの記事