スポンサーリンク
突然認知症と診断された時、実は最も「どうしたらいいの・・・?」と困るものが自動車の運転かもしれません。

「運転ができなくなるのではないか・・・」、もしできないとしたら仕事や買い物・・・様々な部分に悪影響が現れることは間違いないですし、不安になりますよね。

結論から言うと認知症だと即座に免許が取り上げられ、運転ができなくなります。
しかし、そうなってくるとこれから自分はどう生活スタイルを変えていけばいいのか・・・、そもそもなぜ運転ができなくなる事態になったのか・・・。胸にそのような思いが起こってどうしようもなくなりますよね。

この記事ではその2つのポイントから認知症患者さんがいかに運転のない生活と向き合えばいいのか説明していきます。

スポンサーリンク

まず第一に知るべきこと…なぜ運転免許を取り上げられるのか。

ここまで記事を読み進めてもらった方には

なぜ認知症だからといって即座に免許をとりあげられる必要があるのか?

と疑問に思われた方も多いと思います。

なぜ取り上げられるのか、その理由は単純です。「認知機能がどれだけ低下しているか。」を段階的な基準で測られ、そこで認知症と判断された場合、法律で決められているためです。その背景には近年の高齢者による事故の増加があります。
「事故を起こす前に危ない要素は刈り取ってしまおう。」という、いわば予防策ですね。

「認知症だからといって即座に返納というのはおかしいのではないか。」、「自分はまだまだ運転できる・・・。と言った思い、ものすごくやるせなくなりますよね。ものすごくわかります。

しかし、認知症状態で運転をした人たちには罰金などの懲罰がなされますし、国が定めている以上どうしようもありません。

どうせならいかに向き合っていくか、じっくり考えていきましょう。

運転生活をいかに置き換えるか。

スポンサーリンク

運転生活をいかに置き換えるか。

では車の運転をいかに置き換えていけばいいのでしょうか。
その際、まず前提として一人で生活を置き換えるのは難しいです。
しかし、周りのサポートの上で、自分から頑張る意志があれば生活は数十倍楽になります。
例えば日常の買い物なら家族に車に乗せていってもらうなどの対策があります。
これはベタではありますが、精神的に追い詰められがちな認知症の生活で家族の絆を保つことで、気持ちが和らぐ効果があり、非常に良い習慣です。

しかし、家族にも用事があり、ずっと連れて行ってもらうことは難しいですよね。
この場合は家族のサポートをずっと受け続ける必要は全く無いです。

その場合は、思い切って散歩に行きましょう。適度な運動習慣は認知症の進行を遅らせることにも繋がります。
時間に余裕がないときは事前に計画を立てる習慣をつけると更にいいでしょう。頭をつかうことにも繋がり、頭と体の両面から健康な生活をおくることに繋がります。

周りのサポートを受けることと、周りに頼り切ることは全く違います。
一番大事なのは自分から頑張る習慣をつけることです。自分で道を切り開いてく意志が一番の治療対策です。

ただし、散歩に行く際は徘徊の恐れもあります。家族に位置が分かるように必ずGPSをつけたままがいしゅつするようにしましょう。長期間発信される面で認知症専用のGPSを購入しましょう。

まとめ

スポンサーリンク

まとめ

以上が、認知症になった際の運転との向き合い方になります。
勿論この記事で紹介したやり方以外にも様々な対策法があるでしょう。
日常生活機械で行っていることを、いかに置き換えていくか。考えていくことは非常に頭を使いますし、認知症にもこの上ない効果があります。
周りの信頼できる人たちと共に考えて向き合って行きましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事