スポンサーリンク

認知症の最も恐ろしい症状として知られているのが徘徊です。
徘徊する高齢者を抱える家族は、常に患者さんの行動に悩まされるために介護の負担がかなり大きいです。
しかし、徘徊を放置しておくことは患者さんにとって非常に危険。
交通事故で死ぬ可能性があるのは勿論、特に暑くなってくるこの季節は怖いです。
事故にあう前に熱中症に掛かる可能性が非常に大きく、最悪の場合死に繋がりかねません。
そのため徘徊に対してこの時期は特に迅速な対応が求められます。
そこで、徘徊を防ぐグッズ徘徊が起こった際に患者さんを即座に発見できるグッズをこの記事では紹介します。
グッズ紹介

スポンサーリンク

人感センサー

人が通った際に所在確認するセンサで、ドアに付けられることが多いです。
これを玄関に仕掛けておけば、患者さんが外出したまさにその時に徘徊が始まったと感知することができます。
人を感知するとスマホに連絡が入るようになっているために、ご家族の方がどこにいても対策を撮ることが可能。
徘徊は長期化することにより複雑な問題になりますから、即座に感知できるのは非常に大きいポイントですね。
患者さんの行動を迅速に把握するという点ではぜひとも用意していただきたいツールです。

スポンサーリンク

見守りカメラ

患者さんの室内での行動を把握するツールがこちらの見守りカメラです。
24時間常に患者さんを監視しており、それをスマートフォンで確認することができます。
徘徊対策のみならず普段の患者さんの行動を見守ることができるため、患者さんの体調や精神状態に異変が起きた際の対策にも欠かせません。
家庭の事情で別居している場合は絶対に欠かせないツールです。
徘徊を除いても認知症患者さんの行動は非常に不安定です。
突然何が起こるか、全く予測がつきません。
多少値は張りますが患者さんの安全には替えられないでしょう。
GPS端末

スポンサーリンク

GPS端末

徘徊を防ぐために上2つのツールを紹介しましたが、それでももし徘徊を起こった場合の対策はどのようにすればいいのでしょうか?
そこで使われるのが常に位置が探索できるGPS端末です。

これを使うことで、患者さんが徘徊を初めた際に万が一の事があって即座に対策を取れなくとも
GPSは靴の裏に仕込むために患者さんの外出の際には常に身についています。
もし徘徊が始まった際もスマホ一台で簡単に位置を把握し、直接出向くことや、警察に電話することにより安全を確保することができ、患者さんを長期間徘徊させる事態にはなりません。

余談ですが、徘徊対策用のGPSは、なんと福祉用具として介護保険で格安で購入することもできます
介護には多大な費用がかかるために是非利用しましょう。

まとめ

認知症による徘徊は一説には5日放置した場合の生存率が0%と言われているなど、社会的に見ても非常に大きな問題として認識されており、そのためあらゆる手で患者さんの身の安全を守るツールが作られています。
そして作られたツールは以上で紹介したようにいずれも非常に大きな効果がある役立つツールばかりです。積極的に使っていきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事