スポンサーリンク

認知症は主に65歳以上の高齢者の発祥が目立つ病気ですが、まれに65歳未満に起こるものは「若年性認知症」と呼ばれます。 普段何気なくともに生活している親やパートナーの方々に突然訪れる可能性は十分考えられ、またそういった場合はまさか本人も周りの人々も認知症になるとは考えないため、発見は遅れがちになります。 今回は「若年性認知症」にフォーカスを当てて、その発見方法もし発症してしまった場合の対処方法について書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

若年性認知症の発見方法

まず、若年性認知症が発見されない一番の原因は、「まさか私やその周りの人々がこの年齢で認知症になるはずがないという気持ちからくる油断」です。これは癌など他の病気にも言えることですが。 若年性認知症と疑わしい症状が毎日のように現れるようでしたら、即座に病院に行くようにしましょう。

スポンサーリンク

若年性認知症の症状

症状については基本的に高齢者がかかる認知症と症状は類似しており、特に日々の仕事で「同じことを何度も聞く。」と言ったことや、「以前できたはずの作業ができなくなっている。」といったことが頻発すると言ったことは症状の典型例です。 若年性の場合では多くの人がこういうふうに仕事や家事に従事しており、日々の業務に認知機能の低下が出現するために、高齢者より早期の発見がしやすいように思われがちですが、実際大半の人々は日々の生活に悩殺されて、それが認知症のせいだとは思いあたらないといったパターンや、また症状がうつ病更年期障害に間違えられ、発見が遅くなってしまうことが大半です。 しかも、症状の進行具合が高齢者の2倍以上のスピードであるとも言われており、高齢者より更に早期の発見が必要となってきます。

スポンサーリンク

もし家族が若年性認知症になってしまったら

若年性認知症の患者は現在取り組んでいたことができなくなっていくこと、また自分のこれからの人生の可能性がなくなってしまうかもしれないということに大きなストレスを感じる事が多いです。 そのストレスが認知症の進行に悪影響を及ぼし、更に抑うつなどの二次症状を引き起こすと言う事態になりかねません。本人の残存機能を活かせるような生活スタイルを維持できるようにし、本人の自信を失わないように日々の言動に注意しましょう。 症状の進行に伴って脳の障害は進行し高齢者同様に家族や大切な人の名前がわからなくなるなどの記憶障害や、小刻み歩行前傾姿勢などの運動障害が頻繁に見受けられるようになって日常の生活への影響が強く現れ、患者に危険を与えるような出来事が起こるようになります。 特に若年性認知症の恐ろしい出来事として帰り道がわからなくなって、行方不明になってしまうと言う例は非常に多く見受けられます。特に若年者の場合、仕事などで外出する機会が多いために、通勤の帰り道で遭難し突然命を落とすパターンも数多く見受けられます。若年者であっても普段から必ず専用のGPSを身につけさせておきましょう。

まとめ

若年性認知症も高齢者のそれと同様に完全に治す手段が見つかっていません。 しかし、高齢者と同様かそれ以上に早期発見と早期治療が大切になっており、如何に早く手を打つかにより完治はできなくても症状の進行を遅らせ、少しでも本人が望むような予後を送らせることは十分に可能です。 そのため疑わしい症状が見えた場合はたとえ本人がどれだけ忙しくても、拒否しても病院に連れて行くようにしましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事