スポンサーリンク

皆様は認知症に関してどれだけの知識をお持ちでしょうか?

一般的に65歳以上の高齢者からの発症が目立つ症状として認識している方がほとんどだと思います。

実は、まれに65歳未満に起こるものも存在し、そういった認知症の総称を「若年性アルツハイマー(若年性認知症)」と呼びます。

若年性アルツハイマーは、何不自由なく生活している親やパートナーに、何の前触れもなく突然訪れるといった発症パターンがほとんどで、また、まさか本人も周りの人々も認知症になるとは考えないため、発見は遅れがちです。

今回は、この早期発見や対処の難しい「若年性アルツハイマー」に焦点を当てて、その発見方法もし発症してしまった場合の対処方法についてご説明していきたいと思います。

スポンサーリンク

若年性アルツハイマーの発見方法

まず、若年性アルツハイマーが発見されない一番の原因は、「まさかこの年齢で認知症になるはずがないという気持ちからくる油断」とされています。これは癌など他の病気にも言えることですが、最も発見が遅れる理由の一つなのです。

更に、癌などのポピュラーな病気ではなく若年性アルツハイマーという一般的にあまり知られていない症状ですので、より早期発見が難しいとされています。

初めて聞いたという方も、もしもあなたの大切な方が若年性アルツハイマーになった際に、いち早く気づけるよう、この記事をじっくり読み込んで、正しい知識をつけておきましょう。

スポンサーリンク

若年性アルツハイマーの症状

症状については基本的に高齢者がかかる一般的な認知症と症状は酷似しております。

特に日々の仕事で「同じことを何度も聞く」と言ったことや、「以前できたはずの当たり前の作業ができなくなる」といったことが頻発すると言ったことは症状の典型例です。

若年性の場合ではほとんどの人が仕事や家事に従事しているため、日々の業務に認知機能の低下が出現するので、高齢者より早期の発見がしやすいように思われがちですが、実際大半の人々は日々の生活に悩殺されて、それが認知症のせいだとは思いあたらないといったパターンや、また症状がうつ病更年期障害に間違えられ、発見が遅くなってしまうことが大半です。

もちろん家庭で稼ぎ頭の方が発症すると家族全体にも甚大な被害が及ぶことは言うまでもありません。

しかも、症状の進行が高齢者の2倍以上のスピードであるとも言われており、高齢者より更に迅速な発見が必要となってくる、深刻な症状なのです。

スポンサーリンク

家族が行う若年性アルツハイマーの対処法

若年性認知症の患者自身も、上記のような症状に悩まされ、大きなストレスを感じます。

そのストレスが認知症の進行に悪影響を及ぼし、更に抑うつなど、更に深刻な症状を引き起こすと言う事態も視野に入れる必要があります。本人の自信を失わないように日々の言動に注意しましょう。

特に若年性認知症の恐ろしい出来事として帰り道がわからなくなって、行方不明になってしまうと言う例は非常に多く見受けられます。

こういった症状を「徘徊」といい、特に若年者の場合、仕事などで外出する機会が多いために、通勤の帰り道で遭難し突然命を落とすパターンも数多く見受けられます。

こういった悲しい事故を起こさないためにも、若年者であっても普段から必ず専用のGPSを身につけさせておきましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事